大塚チルド食品

おしえて!大豆アレルギー

大豆アレルギー反応について

アレルギー反応について

食物を摂取して現れるアレルギーの臨床症状には、次項に示した色々な症例(パターン)が報告され、それらはアレルギー症状が出るまでの時間により、即時型反応と非即時型反応の2つに分類されます。

アレルギー反応について

食物を摂取して現れるアレルギーの臨床症状には、次項に示した色々な症例(パターン)が報告され、それらはアレルギー症状が出るまでの時間により、即時型反応と非即時型反応の2つに分類されます。

即時型反応
アレルギーの原因となる食品を摂取して、数分〜2時間以内に症状が現れます。

かゆみ、唇などの腫れ、皮膚の発疹、蕁麻疹、吐き気(嘔吐)、鼻水や咳が出る、呼吸が苦しくなるなどの中でも、意識障害、血圧低下など全身症状が出るアナフィラキシーショックの場合には緊急治療が必要となりますので注意が必要です。

非即時型反応
アレルギーの原因となる食品を摂取して、数時間〜48時間くらいの間に症状が現れます。

1.即時型反応

アレルギーの原因となる食品を摂取して、数分〜2時間以内に症状が現れます。

かゆみ、唇などの腫れ、皮膚の発疹、蕁麻疹、吐き気(嘔吐)、鼻水や咳が出る、呼吸が苦しくなるなどの中でも、意識障害、血圧低下など全身症状が出るアナフィラキシーショックの場合には緊急治療が必要となりますので注意が必要です。

2.非即時型反応

アレルギーの原因となる食品を摂取して、数時間〜48時間くらいの間に症状が現れます。